1979年 - 1989年のアフガニスタン紛争(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、 1989年に撤退するまでの期間.日本のマスメディアでは、ソ連軍の侵攻以降の局面は「アフガニスタン侵攻」(アフガニスタンしんこう)などと呼ばれる事も多い。「ソ連・アフガン戦争」(ソれん・アフガンせんそう)と呼んだ場合、アフガニスタンの反政 府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、1979年の出兵から1989年の完全撤収まで約10年に及んだ。長期化した戦争で、ソ連側は1万4000人以上が戦死、アフガン側はその数倍の戦死者を出す結果となり、 ソ連の「ベトナム戦争」と言わた。これにより、1980年モスクワ五輪を東西冷戦下、西側諸国はモスクワ五輪をボイコットし、柔道家の山下奉文は号泣した。また、一直線の氏は2020年東京五輪の新型コロナ禍塩基にも号泣した。その関連振幅には(~~) なところはある。