「下町の太陽」予告編
スタートページへ

倍賞さんは東京の宝塚歌劇団(TKD)といわれる松竹歌劇団(SKD)出身これに大阪松竹歌劇団(OSK)を合わせて日本の三大歌劇団と言われてる。 肖像権は倍賞さんが主張して成立します。当時の日本は戦後復興発展と大公害汚染・貧困を取引きしたようなところがあった。我が自治体の先輩教員は出勤して学校についたら鼻の穴が真っ黒になってたなんてことも。 然し、それに対策がなされた後の1974年以降には極左暴力集団の頭の公害(エンゲルスの『自然の弁証法』を読めば自然科学の全てがわかるとオカルトする毛沢東心酔男もいた)が待っていた。で、そんな下町の風景<^^>(随想)勝呂誉氏の鉄工所の仕事は面をつけて 溶接してても眼底を焼く。私も学生時代、ガラス細工のバーナーを見すぎて眼底を焼いて一晩中痛くて 眠れなかったことはある。然し、冷やせば少なくても一晩で治る。地元出身生徒を鉄工所に勤めさせたことがあるが、三日で辞めてしまった。二度目の仕事で初めての恐怖があったのだろうが 我慢してほしかった。恐怖感はわかるが、その後の不就労期間があまりにも長すぎた。まじめに働いている地方出身生徒が自主退学していく一方で、地元中学校のその場しのぎの就労指導に「定時制進学って何?」との不全感に悩まされた笑