La Guerro des boutomsスタートページ

2組の少年グループの戦いがエスカレートして本格的な暴力に入っていく様子を描いたコメディ映画。原題は相手の上着のボタンをむしり取って戦利品とすることに由来する。 原作はルイ・ペルゴー(英語版)の小説「ボタン戦争」(英語版)。 1962年、本作はジャン・ヴィゴ賞を受賞した。 実はペルゴーの原作の映画化は2度目であり、最初の映画化は1936年にジャック・ダロワによって「La Guerre des gosses ボタンと戦争(フランス語版)」(日本未公開)の題で映画化された。 本作は2度にわたってリメイクされており、1回目は1994年のアイルランド映画『草原とボタン(英語版)』で、2回目は2011年にフランスでリメイクされた<^^>1979~1989のアフガン戦争では ランボー(役・シルベスタースタローン)が特大サバイバルナイフ一本でロシアソビエト戦車軍団と戦っています。2001年9.11同時多発テロ以降も戦争は続いています。大人の戦争はボタン戦争どころではすまないということです。


>