八甲田山予告編スタートページhttps://www.youtube.com/watch?v=oFA1yv2JY8Q


日露開戦に備えて明治35年、弘前歩兵第31連隊と青森歩兵第5連隊が八甲田山に雪中行軍した。青森湾をロシア艦隊によって封鎖されると艦艇での兵輸送が出来なくなり、太平洋側から日本海側への陸路輸送の実地調査でもあった。弘前歩兵第31連隊選抜隊員27名は全員無事行軍を終えたが、青森歩兵第5連隊第二大隊は猛吹雪の中で遭難し210人中199人が凍死した。 作家の新田次郎氏が東北方面隊の「陸奥の嵐」という資料を元に書いた小説の映画だった。映画「八甲田山」は創価学会系シナノ企画に放映権があり削除されたwww自分たちも、参加もしない部活ソフトボール経験芸大卒で瞬間湯沸かし美術教員の強行指示により、雪中登山遠足し引率責任を問われかねないことがあった。生徒は体操着にヤッケ一枚はおっただけだった。非常識な民主的雪中遠足に対するFieldRiverの考えは当時その程度だった。映画では歩兵第31連隊の雪中行軍隊指揮官・福島大尉役は高倉健氏、歩兵5連隊の雪中行軍隊指揮官・⚡神成大尉役は北大路欣也氏、山口少佐は三国連太郎氏 、倉石大尉は加山雄三氏が演じている。 新田次郎氏は「士族出身士官学校での福島大尉と平民出身教導団での⚡神成大尉の命令系統服従の徹底の差に原因があったのではないか?」と言ってるがよくわからない。原作者 新田次郎氏は小説にするには面白くないとがっかりしたらしいが、気合を入れてかいた 。然し両者とも雪中行軍のエキスパートだった。