「知床旅情」  加藤登紀子       スタートページ



森繁久彌氏によって作られ、加藤登紀子さんによって昔広められ、夏川りみさん(沖縄の歌姫)によって再発見されている。国後、色丹、歯舞、択捉の北方四島はロシアの若者にとっては他人事であり、日露 共同経済圏にするのがいい。 ただ大陸中国の北海道買い占めには日本を一帯一路の路線に組み込むつもりであり警戒を要する。加藤さんは投獄されてた極左活動家と結婚した。ただし、 加藤さんも投獄されていたか詳しいことはわからない。やはり東大卒 は考えることが難しい<^^> 加藤さんは辺野古基地建設反対闘争に最近参加していると「日曜版あかはた」に書いてあった。辺野古には米国海軍陸戦隊が常駐する。軍隊の統合運用上、沖縄を不沈空母にしてるのであろうが、敗戦以降冷戦、、冷戦以降現在までと長すぎる。 飛行機の爆音だけでも経験上神経がまいってしまう。竹島近辺を大陸中国のようにセメントで固めて米軍基地を移転すればいいのだ。豊かな自然の沖縄を犠牲にする必要はないし、北東アジアの防衛の要の基地にもなる。 沖縄・北方担当大臣として他都道府県出身の大臣が一括するよりも、沖縄は沖縄県知事が、北方領土 問題は北海道道知事が兼務した方が現実的とは思うが。 でも、沖縄本島が1208平方㎞であるのに対し、国後島は1489平方㎞、択捉島は3167平方kmである。ロシアの軍事基地化してることは十分に考えられ、島嶼部奪還戦闘訓練もやってる。新たな米国との緊張を かかえる返還は熟考した方がいい。この歌は当時、帝国制共産主義(ロシアソビエト連邦)への誘いの意味合いがあった。北方領土4島返還は冷戦終結前であれば、日本の共産化にすぎない。共和国になったロシアの極東領土 とは現在の緊張を維持しつつ共同経済水域を構築し、冷戦終結後の今の陸自の9師団6旅団体制から冷戦終結前の13師団体制に戻して牽制した方がいい。旧北方領土住民には 申し訳ないが歯舞、色丹はどうせ日本国民は住んでいない。でなければ、ロシアが切り売りしたいのであれば、アラスカのように米国に買ってもらうことだ。共産大陸中国が買う前に。。。 それには商売人大統領トランプの弾劾と退陣が必要十分条件となる。一帯一路は世界同時革命の手段であり、北方領土を極左トロッキスト世界同時革命テロリスト四島にしないことだ(▼▼)ましてや千島列島全島返還など、日本をどこの国の属国にしたいかだ(怒) ロシアとの間にはシベリア強制(抑留)労働問題補償が未解決のままで今の日本共産党はその問題に取り組むべきである。大韓民国、北朝鮮がいつまでも慰安婦問題や徴用工問題を将来にわたって叫び続けるなら、日本にだってこういう問題が あるんだって叫び続けたってかまわんのだ。しかし、それは過去のこととして、一歩足を進めることを朝鮮半島と日本共産党に見せつければいいのだ。あるいは永久歴史保障がいかにバカなことかと半島を孤立させるのだ。また、 毛沢東を尊敬する習近平に、中華主義世界同時革命をやられると走資派粛清殺戮、学生下方労働などやりかねない。。。 学生時代、中国文化大革命物産展など開いて毛沢東語録や選集を売りさばくのがいたり、部落解放運動に紅衛兵運動を持ち込む奴がおり、勝共連合みたいな極端する必要はないが、これは警戒を要する。中ロとは、ほどよい距離がベスト!!! ただ、主権がどうの領土がどうのというなら、施政権者をロシア、日本とし北方四島を国連の信託統治領としたらどうか?で、将来の国家としての今すぐでなくてもいいから考えればいいのではなかろうか。漫画だと一笑に付される かもしれないが、信託統治領としては、次の三つの形態があるらしい。信託統治制度が適用される地域は、信託統治地域または、信託統治領という。信託統治地域は以下の 3 つの類型がある。 1.国際連合憲章の発効時、(1945年10月24日)において委任統治されている地域。 2.第二次世界大戦の結果、敗戦国から分離される地域。 実例は、旧イタリア領のソマリランドのみ。 3.海外領土を有する国が自発的に信託統治制度に移行させた地域。 実例なし。 最後の3.が実例がないとすれば作ればいいのである<^^>