「五番街のマリーへ」  高橋真梨子 スタートページ

高橋さんは1966年スクールメイツの一員としてレビュー、1972年ペドロ&カプリシャスのボーカルから、1973年NHK紅白歌合戦に初出場したとのこと。 彼女の自伝を読んでみましたが、一般に思春期の子どもたちにとって離婚してもオヤジは自分一人のオヤジでなければならず、オフクロは自分一人のオフクロでなければならない。例外が赦されず葛藤する。その理解が必要だ 。子どもたちが家庭を持って大人の判断できるようになるまで、親は例え好きな相手でも友人関係で抑えることが必要です。ニューヨーク五番街<^永久保存版^>