スタートページ

『十戒』は、1956年の アメリカ合衆国の映画。歴史映画で旧約聖書の「出エジプト記」を原作として制作されたスペクタクル映画。純正ビスタビジョンで撮影されて、製作・監督はセシル・B・デミルでこれが最後の作品。出演は チャールトン・ヘストン、ユル・ブリンナー、アン・バクスターなど。聖書に書かれている紅海が割れ、その中をモーセなど出エジプトの民が海の中を進むクライマックスシーンはあまりに有名。モーセの十戒は歴史の流れの中であって無きがものとされている。 例えば「偶像は作ってはならない」(カソリックでは無視)「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない」(プロテスタントではよく”Oh my God&quot”とよく言う)「隣人の財産を欲してはならない」(プロテスタントでは牧師の生活を皆で支えること を名目に教会立て直し、幼稚園経営、墓地経営、なんとか祭、衣食住、水光熱費、フィットネス代、海外旅行費と数十万から数百万と献金をしこたませねばならない)。プロテスタントである母からよく言われたものである。 「キリスト教を信じるには、お金がないとできないよ」とwww