スタートページ 阪神・淡路大震災は初動対応の法不整備が救助救援活動の遅れにつながった。陸上自衛隊中部方面隊総監の苦悩を招き、その後の大被災救命活動の教訓となった。兵庫県の大震災の死者6402人、神戸市の死者4571人のうちの32%が東灘区の住民だった。 Webサイトの画面が元に戻らない場合は再起動してください。